下剤はデメリットも多い

便秘で悩み始めた時、その解消法として便秘薬を使うことをみなさんも考えたことがあると思います。

 

しかし、薬を使うということ、それも常用するとなると抵抗がありますよね?

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)のような下剤成分が入ったお茶というのは、そのあたりのニーズから生まれた商品ではないかと推測します。あくまで私の推測ですけどね。

 

下剤の代わりにお茶を使うことのメリットで思いつくのは次のものです。

 

◎量のコントロールがしやすい

 

下剤だと主に錠剤になりますが、1回で1錠〜3錠ではないでしょうか。1錠で効きすぎる場合、1錠を半分に割ってのむというのはちょっと難しいのではないかと思います。

 

でもお茶なら薄めればいいだけですから簡単です。

 

◎薬を飲むのは抵抗があるが、お茶ならそれがない。

 

薬とは病気から回復させるために飲むものです。便秘は悩む人にとって立派な病気かもしれませんが、薬を飲むというのは自分に対して病人というイメージを持ちやすくはないでしょうか。

 

便秘解消のためとは言え、頻繁に薬を飲むという行為は、仕方ないとはいえ積極的に行いたいことではないと思います。でもお茶を飲むのであれば、そうした意識は持たなくて済むはずです。